メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

右脳トレーニングを指導 祖父江宗弘さん(42) /愛知

 認知症の予防などには、感性や創造力をつかさどる右脳の機能を鍛えることが効果的との説がある。小牧市舟津で自動車販売・整備会社を経営する祖父江宗弘さん(42)は、仕事の傍ら右脳の働きを活発にするトレーニング法を学び、ボランティアで教室を開いたり、お年寄りの施設や保育園を訪れたりしてトレーニングの重要性を伝えている。

 トレーニングの一つでは、ある事物について相手に三つのヒントを出し、三つ目で正解できるようなヒントを考える。例えば「トマト」に関するヒントなら、食べ物▽野菜▽ケチャップ--の順に出すといった具合だ。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです