連載

盤上の風景

毎日新聞デジタルの「盤上の風景」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

盤上の風景

/19 将棋 谷川浩司九段 羽生との幸せな時間 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「何歳になっても向上心を失わずにいたい」と話す谷川浩司九段=大阪市福島区の関西将棋会館御上段の間で、新土居仁昌撮影
「何歳になっても向上心を失わずにいたい」と話す谷川浩司九段=大阪市福島区の関西将棋会館御上段の間で、新土居仁昌撮影

谷川浩司九段(56)=神戸市出身

 3月27日、東京千駄ケ谷の将棋会館。第59期王位戦挑戦者決定リーグ戦で羽生善治竜王と向かい合った。角換わりの激しい戦いは83手で羽生に軍配が上がった。羽生との対局は同一カード歴代3位の166局目。しかし前回対局からは3年以上がたっていた。「やっぱりすごく幸せな時間なんですよ。もちろん負かされたから幸せではないんですけど、盤面に一日没頭できるという」。今期からタイトル戦になった叡王戦を除き、全タイトルを制覇した棋士は羽生と自身の2人だけ。これからもさらに幸せな時間を、と願う。

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1617文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集