米朝首脳会談

6・12、前向き 非核化の意思焦点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル渋江千春、ワシントン高本耕太】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は26日開かれた文在寅(ムンジェイン)韓国大統領との首脳会談で、「歴史的な朝米(米朝)首脳会談開催に対する確固たる意思」を表明した。朝鮮中央通信が27日伝えた。金委員長は「(首脳会談は)6月12日に予定」とし、日程に変更がない点を強調した。トランプ米大統領もシンガポールで予定通りの開催を目指す考えを示しており、非核化に関する金委員長の発言を確認した後、予定通りの開催の可否を最終判断すると見られる。

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1215文字)

あわせて読みたい

注目の特集