メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

6・12、前向き 非核化の意思焦点

 【ソウル渋江千春、ワシントン高本耕太】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は26日開かれた文在寅(ムンジェイン)韓国大統領との首脳会談で、「歴史的な朝米(米朝)首脳会談開催に対する確固たる意思」を表明した。朝鮮中央通信が27日伝えた。金委員長は「(首脳会談は)6月12日に予定」とし、日程に変更がない点を強調した。トランプ米大統領もシンガポールで予定通りの開催を目指す考えを示しており、非核化に関する金委員長の発言を確認した後、予定通りの開催の可否を最終判断すると見られる。

    南北会談、正恩氏要請

     金委員長は26日、南北の軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で文氏と約2時間にわたり会談。文氏は27日午前、記者会見に臨み、会談が金委員長からの呼びかけに応じて開かれたと明かし、会談内容に言及しながら「金委員長が朝鮮半島の完全な非核化の意思を明確に示し、米朝首脳会談の成功に向けた意思を表明した」と述べた。

     文氏は金委員長に今月22日のトランプ氏との米韓首脳会談について説明し、「北朝鮮が完全な非核化を決断して実行すれば、トランプ大統領は北朝鮮との敵対関係を終息させ、経済協力をする意思があることを伝えた」とした。

     また文氏は「米朝双方が直接的な意思疎通を通じて誤解をぬぐい去るべきだと強調し、金委員長も同意した」と述べ、米朝首脳会談の実現に向けて、両国がさらに協議する必要があるという考えも示した。26日の会談の内容を米側に伝えたとして、米朝間の実務協議が順調に進み米朝首脳会談が予定通り6月12日に開催されることに期待を示した。

     また、両首脳は、非核化と平和体制構築のための過程を中断しないことを確認。4月の南北首脳会談で発表した板門店宣言の迅速な履行で一致した。6月1日の南北閣僚級会談開催のほか、軍事当局会談、離散家族再会を巡る赤十字会談の早期開催で合意した。

     トランプ氏は26日夜(日本時間27日午前)、ホワイトハウスで記者団に対し、今回の南北首脳会談について「非常にうまくいった」と評価。「朝鮮半島の非核化で成功すれば、北朝鮮、韓国、日本、中国、世界にとっても素晴らしいことになる」と改めて意欲を示した。

     米紙ワシントン・ポスト(電子版)は27日、ソン・キム元駐韓米大使を中心とする米政府一団が同日、米朝首脳会談の準備のために北朝鮮入りしたと報じた。


    各国首脳発言 骨子

     ▽トランプ米大統領

    ・南北首脳会談で非常に良い対話が進められた

    ・米朝首脳会談は当初の予定通り6月12日の開催を目指す

    ・会談に向けた話し合いは非常にうまくいっている

     ▽金正恩朝鮮労働党委員長

    ・米朝首脳会談への確固たる意思を表明

    ・改めて朝鮮半島の完全な非核化の意思を明確に

     ▽文在寅韓国大統領

    ・米朝間にもホットラインが必要

    ・米朝首脳会談が成功すれば、南北米会談で朝鮮戦争の終戦宣言を期待

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
    4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
    5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]