メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

6・12、前向き 非核化の意思焦点

 【ソウル渋江千春、ワシントン高本耕太】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は26日開かれた文在寅(ムンジェイン)韓国大統領との首脳会談で、「歴史的な朝米(米朝)首脳会談開催に対する確固たる意思」を表明した。朝鮮中央通信が27日伝えた。金委員長は「(首脳会談は)6月12日に予定」とし、日程に変更がない点を強調した。トランプ米大統領もシンガポールで予定通りの開催を目指す考えを示しており、非核化に関する金委員長の発言を確認した後、予定通りの開催の可否を最終判断すると見られる。

 金委員長は26日、南北の軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で文氏と約2時間にわたり会談。文氏は27日午前、記者会見に臨み、会談が金委員長からの呼びかけに応じて開かれたと明かし、会談内容に言及しながら「金委員長が朝鮮半島の完全な非核化の意思を明確に示し、米朝首脳会談の成功に向けた意思を表明した」と述べた。

 文氏は金委員長に今月22日のトランプ氏との米韓首脳会談について説明し、「北朝鮮が完全な非核化を決断して実行すれば、トランプ大統領は北朝鮮との敵対関係を終息させ、経済協力をする意思があることを伝えた」とした。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

  2. 株式 東証=始値 2万3391円96銭

  3. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  4. 日本航空「Ladies and Gentlemen」廃止 性的マイノリティー配慮

  5. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです