メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

6・12首脳会談 李鍾元・早稲田大大学院教授(朝鮮半島研究)/伊豆見元・東京国際大教授(国際関係論)

 電撃的に行われた南北首脳会談にはどのような意義があるのか。そして米朝首脳会談は開催されるのか。北朝鮮問題に詳しい識者に聞いた。

米の誤解を解く狙い 李鍾元(リージョンウォン)早稲田大大学院教授(朝鮮半島研究)

 トランプ米大統領がいったん米朝首脳会談の中止を決定した背景には、北朝鮮が対米方針を変えた、との疑念があった。中朝首脳会談で中国の後ろ盾を得た北朝鮮が、5月初めにポンペオ国務長官が訪朝した際に確認した基本線から外れたのでは、というものだ。今回の南北首脳会談では、北朝鮮側も完全な非核化という大枠は依然維持している、と疑念を打ち消すメッセージを米側に伝えた。米国もこれを前向きに受け止めており基本に立ち戻って会談に向けた交渉が進められるのではないか。

 米朝首脳会談を大きな好機ととらえる北朝鮮は中止方針に焦ったはずだ。北朝鮮の考えを問いただすトランプ…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1299文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです