メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

うつと重なる平成の風潮 歴史学者・與那覇潤氏

言語が機能する日本に

 歴史学者の與那覇潤(よなはじゅん)さん(38)が、自身のうつ=1=体験と平成史を重ねて論じる「知性は死なない」(文芸春秋)を刊行した。2011年の「中国化する日本」(同)で、若手論客としても注目された與那覇さんだが、15年から2年間の休職を経て、17年に大学の職を辞していた。「病を得て初めてわかった」という、うつと重なる時代の空気を語ってもらった。【聞き手・鈴木英生】

--「知性は死なない」の冒頭で、うつの基礎知識を書きました。

この記事は有料記事です。

残り2897文字(全文3123文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  2. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  3. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです