メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ル・プチメック」日比谷店。イートインのコーナーもある=同社提供

 近年、パンブームが到来している。ハード系のフランスパンや高級食パンなどぜいたくな商品も注目され、人気店には長い行列ができるようになった。話題のパン店のオーナーや専門家にパンづくりのトレンドを聞いた。

 ●本場欧州の雰囲気

 再開発が進む東京・日比谷の商業ビル1階に、3月下旬、京都発の人気パン店「ル・プチメック」がオープンした。イギリスのモダンなホテルをイメージした店舗は、長い陳列台が目を引く。開店当日は1000人を超える客が訪れ、今も週末は行列ができる。「これまでの経験を全て生かし、理想に近い店作りができた」。代表の西山逸成(いつなり)さん(49)は現在、京都と東京で6店舗を経営する。

 1号店は1998年、京都・今出川でオープンした。パリのビストロそのままの雰囲気が話題となり、次第に…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2239文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです