メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

パンブーム 広がる楽しみ方

「ル・プチメック」日比谷店。イートインのコーナーもある=同社提供

 近年、パンブームが到来している。ハード系のフランスパンや高級食パンなどぜいたくな商品も注目され、人気店には長い行列ができるようになった。話題のパン店のオーナーや専門家にパンづくりのトレンドを聞いた。

 ●本場欧州の雰囲気

 再開発が進む東京・日比谷の商業ビル1階に、3月下旬、京都発の人気パン店「ル・プチメック」がオープンした。イギリスのモダンなホテルをイメージした店舗は、長い陳列台が目を引く。開店当日は1000人を超える客が訪れ、今も週末は行列ができる。「これまでの経験を全て生かし、理想に近い店作りができた」。代表の西山逸成(いつなり)さん(49)は現在、京都と東京で6店舗を経営する。

 1号店は1998年、京都・今出川でオープンした。パリのビストロそのままの雰囲気が話題となり、次第に有名店に。東京では日比谷店も含め2店を経営。「うちのパンは、凡人が一生懸命作った結果」と謙遜するが、西山さんはパリでフランス料理の修業経験があり、本場さながらのクロワッサンやバゲットはもちろん、フレンチの総菜を使ったサンドイッチも人気を集めている。

この記事は有料記事です。

残り1770文字(全文2239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです