メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

飛び入学、制度の周知進まず 開始20年、入学者は130人

飛び入学で千葉大に進んだ工学部3年の大原正裕さん。小さなころから電機系の工作が好きだったという。ナノサイエンス学科でコンピューターの半導体の研究をしている=千葉市稲毛区で

 <kyoiku no mado>

 大学への飛び入学が可能となり、千葉大が1998年度入試で全国初の合格者を出してから20年が経過した。これまでに導入した大学は千葉大を含め9校あるが、入学者数は計130人にとどまる。飛び入学が珍しくない諸外国と比べ、日本で制度の活用が広がらない理由はどこにあるのか。課題を探った。【水戸健一】

 千葉大は97年、飛び入学した学生の受け皿となる先進科学センターを設置。98年度入試(工学部応用物理…

この記事は有料記事です。

残り2688文字(全文2901文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです