メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

飛び入学、制度の周知進まず 開始20年、入学者は130人

飛び入学で千葉大に進んだ工学部3年の大原正裕さん。小さなころから電機系の工作が好きだったという。ナノサイエンス学科でコンピューターの半導体の研究をしている=千葉市稲毛区で

 <kyoiku no mado>

 大学への飛び入学が可能となり、千葉大が1998年度入試で全国初の合格者を出してから20年が経過した。これまでに導入した大学は千葉大を含め9校あるが、入学者数は計130人にとどまる。飛び入学が珍しくない諸外国と比べ、日本で制度の活用が広がらない理由はどこにあるのか。課題を探った。【水戸健一】

 千葉大は97年、飛び入学した学生の受け皿となる先進科学センターを設置。98年度入試(工学部応用物理…

この記事は有料記事です。

残り2688文字(全文2901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです