メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・それホント?

3世代同居率日本一・山形県 農業県 受け継ぐ「文化」

「自分のホームになっちゃったので気を使うこともない」と話す平井有希子さん(奥の右から2人目)。4世代がそろうと、にぎやかだ=山形県白鷹町で17日

 3世代同居(4世代を含む)の割合が日本一高いのが山形県。2015年の国勢調査によると同居率は17.8%で、全国平均5.7%の3倍以上だ。事情を探るため山形県へ向かった。

 山形市の市街地から、山あいを縫う国道を車で走ること約50分。目的地の白鷹(しらたか)町に着いた。人口1万4000人弱(4月末)の農業の町。日本三大急流の一つ最上川が町の中央を流れる。爽やかな風が心地よい5月中旬、草木の緑が目にまぶしい。

 4世代同居の家族がいると聞き、町内のミニトマト農家、平井信幸さん(36)宅を訪ねた。夫婦のほか、小1と保育園に通う子ども3人、夫の母(59)と夫の祖母(88)の7人暮らし。子どもから見れば、祖母と曽祖母がいる生活だ。大家族はにぎやかで、子どもたちの笑い声が絶えない。

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

  5. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです