メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

モリカケ疑惑、不誠実な政府答弁 まやかし「ご飯論法」

 <access>

 毎日新聞の世論調査で、加計学園問題を巡る安倍晋三首相の説明を「信用できない」とする回答が7割に上った。森友学園問題も含め、不信の背景には、論点のすり替えやごまかしを図る政府の国会答弁があるのではないか。そのからくりを暴く「ご飯論法」なるものが、注目されている。

 ツイッター上に今月上旬、次のような投稿が載った。

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです