メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アクセス

モリカケ疑惑、不誠実な政府答弁 まやかし「ご飯論法」

 <access>

Q朝ごはん食べた? Aご飯を食べた記憶ない(パンは食べた)

Q今治市職員と会った? A会った記憶ない(学園関係者とは会った)

 毎日新聞の世論調査で、加計学園問題を巡る安倍晋三首相の説明を「信用できない」とする回答が7割に上った。森友学園問題も含め、不信の背景には、論点のすり替えやごまかしを図る政府の国会答弁があるのではないか。そのからくりを暴く「ご飯論法」なるものが、注目されている。

 ツイッター上に今月上旬、次のような投稿が載った。

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1259文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです