メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者

認知症リスク、簡単チェック 関連項目など点数化

 高齢者の認知症の発症しやすさが分かる「認知症のリスク評価スコア」(参考指標)を、京都大の今中雄一教授と林慧茹(リンホェイルー)研究員らのチームが開発した。「バスや電車で1人で外出しているか」など、生活にかかわる13項目の質問や年齢などの基礎情報に答えることで、自己採点できることが特徴。早期にリスクを自覚し生活習慣を見直すことで、認知症予防に役立たせることが狙い。

    京大教授ら開発

     高齢者の大規模調査プロジェクト「JAGES」(日本老年学的評価研究、代表・近藤克則千葉大教授)の一環で作成した。2011年に、ある政令市に住む65歳以上の7万2127人を対象に調査を実施。厚生労働省が介護予防のため作成した生活に関する「基本チェックリスト」(25項目)に答えてもらい、その後4年の追跡調査で認知症発症の有無を確認した。

     対象者のうち認知症を発症したのは6656人(9%)。25項目のうち認知症発症と関連が見られた13項目を抜き出し、関連の強さに応じて点数付けした。さらに健康診断の受診の有無や、年齢、性別などのデータも加えて点数化。合計(0~62点)が10点の人の4年後の認知症発症率は1%だったのに対し、30点の人は13%、50点の人は50%の確率で発症との結果が確認できた。

     近藤教授は「80代の方はそれだけで30点近くになるが、生活面で気をつけていれば認知症の発症は1割程度に抑えられることになる。本人や家族が気をつけるきっかけにしてほしい」と話している。【横田愛】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
    3. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田
    4. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
    5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]