メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

記念写真映えは? 来年6月、悩む大阪府・市

 来年6月に日本で初めて開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議を巡り、開催地の大阪府市が各国首脳がそろう記念撮影の場所に頭を悩ませている。23年前のアジア太平洋経済協力会議(APEC)大阪会議で使われた大阪城公園など4カ所が候補地とされるが、歴史観や警備態勢も絡み一長一短ある。世界の要人が写真に納まる場は一体どこになるのか--。【藤顕一郎、津久井達】

 G20は来年6月28~29日、大阪市住之江区の国際展示場「インテックス大阪」を主会場に開催され、主要7カ国(G7)をはじめ、計35の国・団体の首脳や政府関係者ら約3万人の滞在を見込む。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです