メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奄美・沖縄

固有種の事故死「自然遺産登録へ速度順守を」

沖縄・西表島では道路脇に看板を設置しイリオモテヤマネコの事故防止を呼びかける=佐藤敬一撮影

 世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄両県)には、その島だけの固有種が生息する。しかし、希少動物の事故死数は近年、過去最悪レベル。登録延期の勧告を受けて政府が推薦を取り下げるかどうかが注目されるが、関係者から「事故対策が徹底されていない現状で、延期は妥当」の声も上がる。【末永麻裕】

 主な固有種は、国の特別天然記念物のアマミノクロウサギ(奄美大島、徳之島)とイリオモテヤマネコ(西表島)。天然記念物のヤンバルクイナ(沖縄本島)だ。イリオモテヤマネコとヤンバルクイナはごく近い将来に野生での絶滅の危険性が極めて高い絶滅危惧IA類、アマミノクロウサギもこれに次ぐIB類に指定されている。

 環境省によると、イリオモテヤマネコは2016年(7匹)、アマミノクロウサギは17年(34匹)に年間の交通事故死数が過去最多を記録。ヤンバルクイナの事故死も年間30~40羽台で推移している。各地で道路下に動物用の地下道をつくったり、フェンスを設置したりして対策を講じてきたが事故ゼロのハードルは極めて高い。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』関連作品がデジタルシングルTOP3を独占[オリコンランキング]

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです