古式泳法

聖火リレーの「参加」目指す 隅田川でアピール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーに、日本古来の泳法での参加をアピールするイベントが27日、東京・浅草の隅田川で行われた。約40人の泳ぎ手が立ち泳ぎをしながら大旗を振ったり、隊列を組んだりして熟練の泳法を披露した。

 日本泳法は古式泳法とも呼ばれ、江戸期に武士の修練として広まった。速さを競うだけで…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集