メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗認知症薬

85歳以上の2割が使用 処方実態明らかに

医療経済研究機構のチームが発表

 国内で認知症の症状進行を抑える抗認知症薬が85歳以上の高齢者人口の2割に使用されているとする調査結果を、医療経済研究機構のチームが国際老年精神医学雑誌で発表した。認知症患者は国内で約500万人いると推計されているが、詳しい処方実態が明らかになったのは初めて。年齢と共に副作用のリスクも増えるため、チームは学会のガイドライン(指針)の推奨度を見直し、使用を控えるよう求めている。

 チームは、国のレセプト(診療報酬明細書)情報・特定健診等情報データベースを使用し、2015年4月か…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文684文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  3. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島
  4. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  5. 大阪府警 富田林署から勾留中の容疑者が逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです