メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

「日大選手戻ってきて」 負傷の関学QB復帰

 アメリカンフットボールの日本大との定期戦(6日、東京)で相手の悪質なタックルにより負傷した関西学院大クオーターバック(QB)の奥野耕世(こうせい)選手(19)が27日、大阪府吹田市で開かれた関西学生大会の関西大戦で実戦復帰した。一連の騒動後初めて報道陣の取材に応じ、反則タックルをしたことで競技をやめる意向を示している宮川泰介選手(20)に対し「また選手として戻ってきて、正々堂々とプレーして勝負できたらいい」と呼びかけた。【長宗拓弥、倉沢仁志】

 日大戦ではパスを投げ終えた後、背後からタックルを受け、右膝軟骨損傷など全治3週間のけがをした。この日は第2クオーターにフィールドゴールの際にスナップを受けるホルダーで出場し、第3クオーター以降はQBとして活躍。第4クオーターには勝ち越しの38ヤードのタッチダウンパスを決め、27-16の勝利に貢献した。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです