メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

一人暮らしを始めた学生たちを応援 大阪、福岡でウエルカムパーティー

大阪で行われたウエルカムパーティーで新入生を激励する関西学院大応援団総部チアリーダー部のメンバー=5月10日
大阪でのウエルカムパーティーで、食事をしながら交流する新入生たち=5月10日
新入生を代表して乾杯のあいさつをする立命館大の田中美優羅さん=5月10日
福岡で行われたウエルカムパーティーで挨拶するナジックの吉浦勝博社長=5月22日
福岡で行われたウエルカムパーティーには新入生や大学関係者など約470人が出席した=5月22日

 全国各地の学生マンションや寮の運営・管理を行っている学生情報センター(ナジック、本社・京都市)が、今春から一人暮らしを始めた学生を招いて交流を図る「ウエルカムパーティー」が5月10日から始まった。

     同日、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルで行われたパーティーには、関西地区の大学や専門学校に通う学生や大学関係者、マンションオーナーら計約450人が出席。学生たちには名前と校名が入った名刺が配られ、この名刺を手に互いに自己紹介したり、食事をとったりした。

     パーティーの冒頭、新入生を代表して滋賀県竜王町出身で立命館大の田中美優羅(みゆら)さん(18)が「たくさんの人と交流して今後の学生生活をより充実させたい」とあいさつした。また、関西学院大応援団総部チアリーダー部のメンバーがチアリーディングを披露した。

     同社がウエルカムパーティーを企画するのは30回目。同日の大阪を皮切りに22日には福岡市博多区のホテル日航福岡でも開催され、約470人が出席。同社の吉浦勝博社長は「ナジックは2016年に東急不動産グループ入りし、学生、学校、マンションオーナー、企業を結びつける総合プラットフォーム企業を目指していきたい」とあいさつ。福岡大学応援指導部による演舞などが披露された。

     同社が主催する今年のウエルカムパーティーは大阪、福岡をはじめ、全国計6都市7会場で開催される。【関野正、仲井和弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
    5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです