メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

明星大学経営学部伊藤ゼミが博報堂グループのSEEDATAと「未来価値創造ワークショップ」を開催 -- 事業創造力を身に付ける体験教育「Meisei Entrepreneurship Program」の一環(Digital PR Platform)

情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について





明星大学経営学部経営学科の伊藤智久准教授のゼミナール(以下 伊藤ゼミ)は、博報堂グループの株式会社SEEDATA(本社:東京都港区、代表取締役:宮井弘之、以下SEEDATA)と新事業のアイデア創出ワークショップ「未来価値創造ワークショップ」を開催した。これは、伊藤ゼミが取り組んでいる体験教育「Meisei Entrepreneurship Program」の一環として実施したもの。授業の様子はSEEDATAウェブサイトでも紹介されている。




 「Meisei Entrepreneurship Program」は、「事業創造力」を身につけることを目的とした体験授業で、「未来を描き、未来をつくる」をモットーとしている。同プログラムでは今年度から、未来のアントレプレナー/イントレプレナーを育成するための体験教育プログラムを開始。産学公が連携し、実践的な事業開発を体験を通して学べる魅力的なプログラムで、伊藤ゼミの中心的な活動となっている。

【未来価値創造ワークショップ】
 4月にプログラムの第一弾として、SEEDATAと共同で「未来価値創造ワークショップ」を3日間に渡って開催。ワークショップには、伊藤ゼミの3年生17名が参加した。
 SEEDATAは、先進的な消費者群(トライブ)のリサーチデータを起点に、新規事業・新サービスの立案から実装をワンストップで行うことを強みとしている。学生たちはSEEDATAのトライブ・リサーチによる未来価値の洞察やメタファーによるアイデア創造、ビジネスモデルの方法論を学びながら、1人1案の新事業アイデアを作成。SEEDATAのサポートのもと積極的に取り組み、新事業のアイデアを発表した。

【今後の展開】
 このワークショップで作成したアイデアは、ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)との連携授業「リーン・スタートアップ実践」において試作品を開発し、市場性や実現可能性を検討した上で、最終的にビジネスプランとしてまとめる。
 リーン・スタートアップ実践ではディップとの産学連携の活動を行い、実践的な事業創造に取り組む。ディップは主力事業である「バイトル」のほか、学生起業家スタートアップ育成プログラム「UNIV.accelerator」や人工知能分野のアクセラレーションプログラム「AI.accelerator」など、起業家支援にも取り組んでいる企業。学生たちはディップの事業開発の専門家たちの支援を受けながら、画期的な新事業の創出を目指す。

【Meisei Entrepreneurship Programの特徴】
 同プログラムは、SEEDATAと連携した「未来価値創造ワークショップ」を皮切りに、「バイトル」などのサービスを提供しているディップ株式会社と連携した「リーン・スタートアップ実践」、そして日野市役所と連携した「データ活用ワークショップ」などに連続して取り組む。

 この一連の連携授業の特徴は、SEEDATAとの取り組みで生まれたアイデアを、実際の事業創造につなげていくこと。学生は複数の企業や公的機関との接点を通して、社会とのつながりを実感することができる。同プログラムは「体験教育の明星」を体現するものとなっている。

■関連リンク
株式会社SEEDATA:https://seedata.co.jp/
 
株式会社SEEDATA(リリース掲載):https://www.value-press.com/pressrelease/202160
 
ディップ株式会社:https://www.dip-net.co.jp/
 
日野市役所:http://www.city.hino.lg.jp/
 

▼本件に関する問い合わせ先
 明星大学 学長室 広報課
 TEL:042-591-5670


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/












情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです