メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

「ファントム・スレッド」 ポール・トーマス・アンダーソン監督 愛のかたち、実体験から

 1950年代のロンドンを舞台に、高級服の天才的な仕立屋が若いウエートレスに出会い、互いにひかれ合う。公開中の映画「ファントム・スレッド」は、仕事一筋で支配的な男と、彼の心をつかもうとする女の愛を巡る心理戦がスリリングに展開されていく。後半、愛のために彼女がとった一手が衝撃的だ。

     ■  ■

 脚本も手掛けたポール・トーマス・アンダーソン監督(47)の実体験から着想を得たという。恋愛映画を作ろうと考えていた時、インフルエンザになって寝込んだ。看病する妻はとてもやさしくて、「私が弱々しくて従順なのは、悪くないことなのかな」と思ったという。

 そこから、主従が逆転し、一筋縄ではいかない愛のかたちが思い浮かんだ。「男と女の力関係はとても不安定…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文974文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです