メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島空港

定期便再開へ連携 県と沖縄県が組織設立 /福島

 県や沖縄県などは28日、両県の交流を広げ、2009年を最後に途絶えた福島空港(須賀川市、玉川村)と沖縄・那覇空港間の定期便再開を目指す連携組織「うつくしま・ちゅらしま交流・福島空港利用促進連絡会」を設立した。互いに観光PRを強化して人の往来を増やし、両空港間の需要を掘り起こす。【岸慶太】

 福島市内でこの日開かれた福島空港利用促進協議会総会で、連絡会の設立を決めた。内堀雅雄知事は「両県の自治体や民間団体の交流をさらに促進していきたい」とあいさつ。沖縄側の関係者11人もかりゆしウエア姿で参加し、嘉手苅孝夫・県文化観光スポーツ部長は「福島の魅力を学び、体験しながら沖縄県民に伝え、交流が深く長く続くよう、直行便の実現に全力で頑張りたい」と応えた。

 連絡会は両県や市町村など約30団体で構成。7月20日に那覇市で開く会合で事業計画の議論を始める。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです