記者のきもち

スポーツマンシップとは /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アメリカンフットボールの定期戦で日大の守備選手が悪質な反則タックルで関学大選手を負傷させた問題の報道が続いた5月。現象面だけを捉えると、スポーツマンシップとはかけ離れた愚行だ。先日、社会人野球の都市対抗予選を取材していると、そのスポーツマンシップを改めて考えさせられる瞬間に立ち会った。

 マウンドの投手が打球を足に受け、苦悶(くもん)の表情を浮かべた。その瞬間、一塁コーチスボックスにいた相手チームの控え選手がマ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集