連載

1/100を歩く

毎日新聞デジタルの「1/100を歩く」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

1/100を歩く

2018知事選/1 治水 凍結の「大戸川」影響検証へ “脱ダム”政策難航も /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地元住民らが「大戸川ダム」の早期建設を求めた意見交換会=大津市牧1の市上田上市民センターで2018年5月16日、成松秋穂撮影
地元住民らが「大戸川ダム」の早期建設を求めた意見交換会=大津市牧1の市上田上市民センターで2018年5月16日、成松秋穂撮影

 「流域では毎年のように大雨で避難勧告が出ている。地域は政治に翻弄(ほんろう)されてきた」。16日午後、大津・上(かみ)田上(たなかみ)地区にある市民センター2階の大会議室。大津市南東部に国が計画する「大戸(だいど)川ダム」を巡る県の意見交換会で、出席者から発言が飛んだ。三日月大造知事は口を真一文字に結びながら、出席者の顔を見上げた。

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1543文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集