メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

「童謡のまち」のシンボル 武鹿悦子さん 今も衰えぬ創作意欲 /奈良

自身の作品などを集めた「武鹿文庫」の前で笑顔を見せる武鹿悦子さん=奈良県三郷町の町立図書館で、熊谷仁志撮影

武鹿悦子さん(89)=三郷町

 4月に「童謡のまち」を宣言した三郷町。誰もが知る童謡「きらきらぼし」の日本語詞作者として、「まちのシンボル」的存在になった。恐縮しながらも「本当にありがたいことです」と喜ぶ。

 戦前の高等女学校(現中学校)1年生の時、西条八十(1892~1970年)の「少女純情詩集」に出会い、心を揺さぶられた。戦後に詩作を始め、23歳の時、東京・銀座の有名洋食店で西条八十と会い、26歳で亡くなった童謡詩人、金子みすゞ(1903~30年)の話をされた記憶は今も鮮明だ。「当時、金子みすゞは知らなかった。文学の流れの中にある童謡の世界があることを教えてもらった」と振り返る。

 「きらきらひかる おそらのほしよ」を4回繰り返す「きらきらぼし」は39歳の時の作品。「まばたきして…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです