メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハッチョウトンボ

準絶滅危惧種、羽化 小さな体、のびのび飛翔 古座川 /和歌山

草に止まって羽を休めるハッチョウトンボの(上)雄と(下)雌=ともに和歌山県古座川町直見で、二ノ宮由加子さん撮影

 日本最小のトンボとされる「ハッチョウトンボ」が古座川町の湿田で羽化し、生い茂る雑草の間を飛び回っている。

 体長わずか2センチ。腹が赤いのが雄で、黒と黄色のしま模様が雌。県のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に分類され、町天然記念物にも指定されている。

 同町直見の大谷湿田はハッチョウトンボの生息に適…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです