メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハッチョウトンボ

準絶滅危惧種、羽化 小さな体、のびのび飛翔 古座川 /和歌山

草に止まって羽を休めるハッチョウトンボの(上)雄と(下)雌=ともに和歌山県古座川町直見で、二ノ宮由加子さん撮影

 日本最小のトンボとされる「ハッチョウトンボ」が古座川町の湿田で羽化し、生い茂る雑草の間を飛び回っている。

 体長わずか2センチ。腹が赤いのが雄で、黒と黄色のしま模様が雌。県のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に分類され、町天然記念物にも指定されている。

 同町直見の大谷湿田はハッチョウトンボの生息に適…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです