メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

是正勧告

「仮眠時間も労働時間」 労基署が山口市に /山口

 山口市は28日、市役所本庁舎(亀山町)で当直する職員の仮眠時間が労働時間に当たるとして、山口労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けたと発表した。市は総合支所などの当直担当を含む計51人の2年分の未払い賃金約5200万円を支払うため、6月定例議会に補正予算案を提出する。

     市によると、本庁舎の当直時間は午後5時15分~翌午前8時半。このうち、午後10時から午前6時の仮眠時間は勤務時間外と判断し、1泊8400円の賃金を支払っていた。

     しかし、労基署は「仮眠時間中も電話対応などに応じており、労働時間に当たる」と指摘。時給に換算すると県の最低賃金(時給777円)を下回るなどとして、是正を勧告した。

     市は今後、電話対応が多い時間帯に担当者を追加配置するなどの方法で是正する方針。【祝部幹雄】

    〔山口版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
    4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
    5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]