メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

壮行会、公的団体は公開へ JOC・竹田会長

竹田恒和JOC会長

 2020年東京五輪に向けた選手の壮行会の公開の判断について、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が毎日新聞のインタビューに応じ、病院や学校など公的団体で壮行会の公開をする方針を明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)は「各国で判断」との見解を示していたが、竹田会長は「我々で責任を持っていくのは当然のこと」と述べた。

 竹田会長は壮行会を公開できる可能性の高い団体として、公的な学校や病院、消防署、警察、自衛隊などを挙げた。そのうえで「公的団体は、大会スポンサーなどとも業種が重ならず、アンブッシュマーケティング(便乗商法)との問題が起きない」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 全国で新たに429人感染、計2万1854人に 2カ月半ぶり400人超え 新型コロナ

  4. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  5. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです