メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

米朝実務者協議 「トランプ流」転換 「下から」信頼醸成

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は27日、米朝首脳会談に向けた実務者協議のため代表団を北朝鮮に派遣した。すべての交渉と判断を自身に託しトップ会談で一気に問題解決を図る「新たなアプローチ」を掲げてきたトランプ氏だが、6月12日の会談が迫るなか「下からの積み上げ」によって一致点を探り、信頼醸成を図る従来の外交手法に転じた形だ。首脳会談前の北朝鮮高官の訪米案も取りざたされている。

 トランプ氏は27日、「首脳会談の調整のため米国代表団が北朝鮮に到着した」とツイッターで明らかにした…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1728文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 山口・周防大島の2歳児見つかる 親戚宅北側山中で
  2. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  3. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  4. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  5. シェアハウス不正 スルガ銀、スター銀欺く 融資引き出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです