連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

パルムドールの意味は? 仏語で「黄金のシュロ」 カンヌの勝者を象徴=回答・小林祥晃

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「パルムドール」の記念トロフィーを手にした是枝裕和監督=フランス・カンヌで2018年5月19日
「パルムドール」の記念トロフィーを手にした是枝裕和監督=フランス・カンヌで2018年5月19日

 なるほドリ カンヌ国際映画祭で是枝裕和(これえだひろかず)監督の「万引(まんび)き家族」が受賞した「パルムドール」って、どういう意味なの?

 記者 パルムドールはフランス語で「黄金(おうごん)のシュロ」という意味です。最高賞に贈られるトロフィーがシュロをあしらった形なので、そう呼ばれています。

 Q なんでシュロの形なの?

 A シュロはヤシ科の植物で、欧州では勝利の象徴(しょうちょう)であり、カンヌ市のシンボルでもあります。カンヌは地中海に面した南仏(なんふつ)の高級リゾート地。豪華(ごうか)なホテルが並ぶ目抜き通りにはシュロの木が並び、市内の道路にもシュロのマークがあちこちに描かれています。カンヌの勝者にふさわしい呼び名ですね。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文900文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集