イタリア

IMF元財政局長・コッタレリ氏を首相指名 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カルロ・コッタレリ氏=ローマで2018年5月28日、ロイター
カルロ・コッタレリ氏=ローマで2018年5月28日、ロイター

 【パリ賀有勇】イタリアの次期首相に指名された法学者のジュセッペ・コンテ氏は27日、欧州連合(EU)懐疑派のサボナ元産業相の経済相への起用をマッタレッラ大統領が認めなかったため、組閣を断念した。大統領は28日、カルロ・コッタレリ元国際通貨基金(IMF)財政局長を首相に指名し、組閣を命じた。新政権が議会で信任を得られなければ、8月以降に再選挙が実施される見通しとなった。

 マッタレッラ氏は28日、コンテ氏の組閣断念を受け、EUの求める緊縮財政路線に理解を示すコッタレリ氏を首相に指名。ただ、新政権の発足には、連立政権がマッタレッラ氏によって阻止された形となったポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」とEUに批判的な右派政党「同盟」が多数派を構成する上下両院議会で信任を得る必要がある。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文834文字)

あわせて読みたい

ニュース特集