障害年金

打ち切り、病状悪化も 受給者「説明なく不安」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本年金機構が障害者1000人余りへの障害基礎年金打ち切りを検討していることに対し、継続した治療が必要な当事者からは「納得できない」との声が上がる。収入減が健康状態をより悪化させる引き金にもなりかねない。

 「症状が変わらないのに、なぜこんな通知が届くのか分からない」。難病の「1型糖尿病」を小学生の頃から患う大阪府在住の男性(36)は憤る。

 1型糖尿病は主に免疫機能の異常により血糖値をコントロールするインスリンを体内で作れなくなる病気で、根本的な治療法はない。男性は7歳で発症。就職活動では病気を理由に何社も採用を断られたという。パチンコ店でアルバイトをしているが、勤務中に目の前が暗くなってふらつくこともしばしばだ。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文557文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集