メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
ウチの教授

@大学 ウチの教授 静岡大 小二田誠二さん つくられた「歴史」読み解く

小二田誠二・静岡大人文社会科学部言語文化学科教授=渡辺暖撮影

 「事実は虚構であり歴史は文学である」。江戸から明治初期の「実録」を読み解く。実録とは「近世の実在した事件や人物を、ほぼ実名で、事実を伝えることを標ぼうしつつ、小説風につづったもの」だ。

 高校時代はジャーナリスト志望だった。けれども大学入学後、重税に苦しむ農民のために将軍に直訴して処刑された義民、佐倉惣五郎についての古い書物を読み、歴史書の中のフィクションにひかれるようになった。

 大岡政談に水戸黄門、四谷怪談……。「写本が流通していく過程で事実に尾ひれがついていく。善悪の概念を…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文565文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです