メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 ウチの教授 静岡大 小二田誠二さん つくられた「歴史」読み解く

小二田誠二・静岡大人文社会科学部言語文化学科教授=渡辺暖撮影

 「事実は虚構であり歴史は文学である」。江戸から明治初期の「実録」を読み解く。実録とは「近世の実在した事件や人物を、ほぼ実名で、事実を伝えることを標ぼうしつつ、小説風につづったもの」だ。

 高校時代はジャーナリスト志望だった。けれども大学入学後、重税に苦しむ農民のために将軍に直訴して処刑された義民、佐倉惣五郎についての古い書物を読み、歴史書の中のフィクションにひかれるようになった。

 大岡政談に水戸黄門、四谷怪談……。「写本が流通していく過程で事実に尾ひれがついていく。善悪の概念を当時の庶民がどう思い描いているのかが見えてくる」と語る。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです