メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

@大学 「中根」の目・データが語る 志願者実数が多い大学1位 明治大

志願者実数が多い大学1位

 今年の私立大一般入試では近畿大が15万6225人の志願者を集めた。15万人超えは1992年の早稲田大以来だが、18歳人口は現在、約120万人。当時に比べ6割程度にもかかわらず、なぜ、これほど志願者を集められたのか。

 かつては“一発勝負”だった入試は現在、一度の試験で複数学部・学科の合否判定が可能な統一入試や併願割引などが当たり前になっている。受験生のチャンスが増えるのは好ましいことだが、名目上の志願者数と実際の志願者数が乖離(かいり)する傾向が顕著になったのも事実だ。

 そのため、実際の志願者数である志願者実数を公表する大学が増えてきた。表は、そうした大学のトップ10だ。延べ志願者数3位の明治大がトップとなり、法政大が続いた。ちなみに、延べ志願者数トップの近畿大の志願者実数は3万1242人だった。【大学センター長・中根正義】

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです