メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

立ち直った姿にエール=鈴木大地

 アメリカンフットボールで日大選手が関学大選手に悪質なタックルをした問題は、日大選手が自ら記者会見する事態に発展した。状況が刻々と変化しているので詳しい言及は避けるが、勇気を出して会見に臨んでくれたと思う。本質的には自分で善悪を判断できる選手と良質な指導者を育成していく必要があると考えている。

 誰でも過ちは犯すものだ。自ら深く反省し、見事に立ち直ってくれた人には拍手を送りたい。

 その点でうれしかったのが、バドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)だ。4月のアジア選手権(中国・…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです