メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

立ち直った姿にエール=鈴木大地

 アメリカンフットボールで日大選手が関学大選手に悪質なタックルをした問題は、日大選手が自ら記者会見する事態に発展した。状況が刻々と変化しているので詳しい言及は避けるが、勇気を出して会見に臨んでくれたと思う。本質的には自分で善悪を判断できる選手と良質な指導者を育成していく必要があると考えている。

 誰でも過ちは犯すものだ。自ら深く反省し、見事に立ち直ってくれた人には拍手を送りたい。

 その点でうれしかったのが、バドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)だ。4月のアジア選手権(中国・…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです