メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018W杯の主役たち

サッカー/7 華麗なドリブルで翻弄 FWネイマール(26)=ブラジル

前回大会で果たせなかったサッカーW杯制覇へ意欲を燃やすネイマール=ロイター

 自国で果たせなかった悲願をロシアでかなえたい--。「ブラジルの至宝」は国民の期待を一身に背負い、王国復活を成し遂げる覚悟だ。

 4年前のワールドカップ(W杯)ブラジル大会。1次リーグ3試合で4得点を挙げたが、準々決勝のコロンビア戦の終了間際に、背後から相手DFの膝蹴りを受けて腰椎(ようつい)を骨折。自身が出られなかった準決勝でチームはドイツに1-7、3位決定戦もオランダに0-3で惨敗を喫した。

 華麗なフェイントを織り交ぜたドリブルで相手を翻弄(ほんろう)するドリブラー。ブラジルの英雄、ペレに…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです