連載

焦点・働き方改革

労働法制の大改革は、実態を踏まえて審議が尽くされてきたのか。働く現場や国会の動きから法案のポイントに焦点を当てる。

連載一覧

焦点・働き方改革

労働時間削れぬ 24時間営業支える運送業 コンビニ配送、拘束13時間超

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
都心のコンビニへ向かうトラックが集まる配送センター=千葉県内で、宮武祐希撮影
都心のコンビニへ向かうトラックが集まる配送センター=千葉県内で、宮武祐希撮影

 働き方改革関連法案に盛り込まれた残業時間の上限規制。人手不足による過重労働が深刻な運送業は「荷主との関係で、簡単には労働時間を削れない」との声も多く、猶予措置の対象になった。コンビニのルート配送に同行取材すると、過酷な労働実態が見えてきた。【市川明代】

 午後5時、千葉県内の配送センター。飲料やカップラーメンを荷台いっぱいに積み込んだトラックが、雨の中を走り出した。

 「休憩時間はありません。夕飯はいつも、運転しながらおにぎりですよ」。男性ドライバー(50)が苦笑いした。都心のコンビニ数カ所を回り、いったんセンターに戻って再び荷積みをして都心へと向かう。拘束時間は午後4時から朝5時過ぎまで、13時間を超える。

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1460文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集