メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早湾干拓事業

開門命令無効へ 国と漁業者、和解協議決裂 福岡高裁

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)を巡り、堤防開門を強制しないよう国が漁業者に求めた請求異議訴訟の控訴審で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は28日、「現状では次回の和解期日を設定するのは困難」として和解協議を打ち切った。福岡高裁は7月30日、国側の請求を認め、国に開門を命じた福岡高裁判決(2010年確定)を事実上無効化する異例の判決を出す見通し。判決が出ても開門を求める漁業者側は最高裁に上告する方針で、訴訟がさらに長期化するのは確実だ。

 この日は高裁が指定した最終の和解協議だったが、開門しないことを前提とした協議に反発している漁業者側…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです