メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・帯広

乳牛250頭、次々放牧「たくさん食べて」

公共牧場に到着しトラックから続々と降りてくる雌の乳牛=北海道帯広市で2018年5月29日、鈴木斉撮影

 酪農が盛んな北海道帯広市の八千代公共育成牧場に29日、市内の23戸から乳牛約250頭が運び込まれた。

 いずれも生後6カ月以上の雌で、体重測定や感染症予防のワクチン接種などを終えると、さっそく広大な牧草地に向かって駆け出す牛もいた。

 冬期間から預かっている650頭とともに約500ヘクタールの牧場を自…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』関連作品がデジタルシングルTOP3を独占[オリコンランキング]

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです