メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア

マハティール首相、高速鉄道整備計画を白紙に

 【ジャカルタ武内彩】マレーシアのマハティール首相は28日、マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道の整備計画を白紙に戻すと表明した。高速鉄道を巡って日本と中国の企業が受注競争を繰り広げてきたが、計画そのものが頓挫する可能性が高まった。

     財政の立て直しを重視するマハティール政権はナジブ前政権時代の大型インフラ事業の見直しを進めている。

     マハティール氏は同日の記者会見で「計画の中止は最終判断だ」と述べた。

     高速鉄道の整備は、マレーシアとシンガポールが2016年末に最終合意した。両国間約350キロを約90分で結び、26年末の開通を見込む。日本や中国の企業連合が受注を目指す車両のデザインや鉄道建設などを担う事業は、すでに入札が始まっていた。

     今後、シンガポールと違約金の支払いなどについて協議するとみられる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
    2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]