チャリティー

被災地出身の若者、支援カレーに思いを

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シェ・イノの調理場でチャリティーカレーで提供するクネルを作る猪股佑介さん=東京都中央区で2018年5月27日、米田堅持撮影
シェ・イノの調理場でチャリティーカレーで提供するクネルを作る猪股佑介さん=東京都中央区で2018年5月27日、米田堅持撮影

 東京都心の老舗フレンチ店による「東京グランメゾン・チャリティカレー」が29日、アピシウス(東京都千代田区・岩元学料理長)と銀座レカン(同中央区)、シェ・イノ(同中央区・古賀純二料理長)の3店で開催され、用意された1400食は完売した。

 2011年5月に開催されて以来、15回目となったチャリティーカレーは前回に続き、東日本大震災と熊本地震の被災地を支援する。シェ・イノでは、東日本大震災の被災地出身の若手料理人が、カレー作りに携わった。【米田堅持】

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1021文字)

あわせて読みたい

注目の特集