メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮内庁

昭和天皇独白録を受領 高須院長が寄贈

 宮内庁の西村泰彦次長は28日の記者会見で、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が米ニューヨークの競売で落札し、同庁に寄贈を申し出ていた「昭和天皇独白録」について、受領する手続きに入ったと発表した。

 独白録は、昭和天皇が、日本の関東軍の謀略だった張作霖爆殺事件から終戦に至るまでの経緯を、1946…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです