メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎・対馬

カワウソは韓国近縁種3匹の可能性 環境省

 環境省は28日、国内で38年ぶりに野生のカワウソが見つかった長崎県・対馬で調査した結果、韓国などにいるユーラシアカワウソの近縁種3匹が生息している可能性が高いと発表した。同省はこのカワウソが約50キロ離れた韓国から海流に乗って対馬に流れ着いたとの見方を強めている。

 対馬のカワウソを巡っては、琉球大理学部の伊沢雅子教授のグループが昨年2月、自動撮影装置での撮影に初めて成功。環境省はその後専門家に依頼し、昨年7月から今年1月にカワウソのふん10個を採取し…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです