メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茅ケ崎事故死

「赤信号、行けると思った」90歳女を逮捕

レッカー移動される事故を起こした乗用車=2018年5月28日午後3時28分、渡辺明博撮影

 神奈川県茅ケ崎市の国道で通行人が乗用車にはねられ、女性1人が死亡した事故で、県警茅ケ崎署は28日、車を運転していた同市の無職、斉藤久美子容疑者(90)を自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで逮捕した。同署によると、斉藤容疑者は「赤信号と分かっていたが、誰も横断歩道を渡り始めていなかったので行けると思った」と供述している。

 逮捕容疑は28日午前11時ごろ、茅ケ崎市元町の国道1号の交差点で、横断歩道や付近を通行中の4人をはね、自転車に乗っていた同市の松浦久恵さん(57)を死亡させ、39~63歳の男女3人を負傷させたとしている。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです