メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひたちなか海浜鉄道

廃線の危機から延伸へ 最終黒字視野

那珂湊駅構内の車庫に並ぶ湊線のカラフルな車両群=茨城県ひたちなか市釈迦町で

 モータリゼーションや少子化による利用客の減少で全国のローカル鉄道が経営難に直面するなか、堅調な経営を続ける異色の第三セクターがある。茨城県ひたちなか市と茨城交通が出資し、勝田-阿字ケ浦間(14.3キロ)を結ぶ「ひたちなか海浜鉄道湊線」だ。廃線の危機を乗り越え、地元住民や観光客に愛されるその魅力を探った。

 ヒラメやカツオなどの水揚げ基地として知られる那珂湊漁港(ひたちなか市)近くに昭和レトロ感あふれる建…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1329文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  3. 死体遺棄 女性、28日帰宅後不明 警視庁、容疑者を殺害で追及
  4. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです