メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昆虫

したたかナナフシ、鳥に食べられても卵ふ化

 鳥に見つからないよう木の枝に擬態した姿が特徴的なナナフシは、鳥に食べられてしまっても腹の中の卵が壊れないまま排せつされ、ふ化に至っている可能性があると、神戸大などの研究チームが28日付の米科学誌「エコロジー」に発表した。枝に似せるだけでは鳥の目を完全にはごまかせず、子孫を残す別の方法として、丈夫な卵を持つようになったと考えられるという。

 植物は鳥に実を食べられても中の種子はふんに混じって排せつされ、運ばれた先で芽を出すことが知られる。しかし、昆虫の場合は卵も一緒に消化され、死滅すると考えられていた。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです