メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

新たなマナー ひざまずき、負傷選手見守る

アメリカンフットボールのオープン戦【東京大学-中央大学】負傷した中央大学の選手を、ひざまずいて見守る東京大学の選手たち=2018年5月27日、富士通スタジアム川崎で、小座野容斉撮影

 日本大学の選手による悪質な反則が社会問題化し、揺れる学生アメリカンフットボール。悪化した競技イメージの回復と、アメフットへの理解広げるため、関東学生連盟に所属する各校が新たなマナーを始めた。負傷者が出たときに、対戦する両校の選手が、ニールダウン(ひざまずくこと)して、負傷選手の搬出を見守るというもの。「負傷が大事にいたらないように願う気持ち、そして負傷した選手へのリスペクトを表すもの」で、従来は、立ったまま見送っていた。

 公式規則にはないが、5月17日に開かれた、日大を除く関東学生連盟1部所属の15大学の監督・ヘッドコーチ会議で決まり、5月19日のゲームから実施されている。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです