メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

新たなマナー ひざまずき、負傷選手見守る

アメリカンフットボールのオープン戦【東京大学-中央大学】負傷した中央大学の選手を、ひざまずいて見守る東京大学の選手たち=2018年5月27日、富士通スタジアム川崎で、小座野容斉撮影

 日本大学の選手による悪質な反則が社会問題化し、揺れる学生アメリカンフットボール。悪化した競技イメージの回復と、アメフットへの理解広げるため、関東学生連盟に所属する各校が新たなマナーを始めた。負傷者が出たときに、対戦する両校の選手が、ニールダウン(ひざまずくこと)して、負傷選手の搬出を見守るというもの。「負傷が大事にいたらないように願う気持ち、そして負傷した選手へのリスペクトを表すもの」で、従来は、立ったまま見送っていた。

 公式規則にはないが、5月17日に開かれた、日大を除く関東学生連盟1部所属の15大学の監督・ヘッドコーチ会議で決まり、5月19日のゲームから実施されている。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです