メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

100点の下に二重線があるのはなぜ?

[PR]

リズム?「100点超てんちょう」? 先生せんせいくせ気持きも

 Q 100てんした二重線にじゅうせんがあるのはなぜ?(神奈川県横浜市かながわけんよこはまししょう男子だんし

 A 先生せんせい目指めざ学生がくせい育成いくせいする東京学芸大学教育学部とうきょうがくげいだいがくきょういくがくぶ准教授じゅんきょうじゅつとめる高橋純たかはしじゅん先生せんせいきました。「文部科学省もんぶかがくしょうめたテストの点数てんすうかたはないはずです。教育委員会きょういくいいんかいでもめているといたことはありません」と高橋先生たかはしせんせい一本線いっぽんせんは「得点とくてんおなじだけできた」、二重線にじゅうせんは「100点以上てんいじょうくできたとき」のように意味いみたせている先生せんせいはいるようです。

 しかし、よくわれているのは、採点さいてんして最後さいごせんくとリズムがいからという理由りゆうです。また、おかね出入でいりなどを記録きろくする簿記ぼき表記方法ひょうきほうほう記入きにゅうわりにせんとして二重線にじゅうせんくので、そこからきているのではというひともいるそうです。現在げんざい教育学部きょういくがくぶでも採点方法さいてんほうほうまで指導しどうはしていないので、理由りゆうははっきりしません。

 学校がっこう使つかうテストやドリルをつくっている出版社しゅっぱんしゃのベテラン編集者へんしゅうしゃから、高橋先生たかはしせんせいいたはなしでは、先生せんせいたちの研修けんしゅうでは「テストのまるつけは先生せんせい児童じどうとの手紙てがみのやりりのようなものなので、先生せんせい気持きもちがちゃんとつたわるように」と説明せつめいしているそうです。学年がくねん校内こうない統一とういつすることで、先生せんせいどもたちもまよわずみじか時間じかん確認かくにんすることができると、かためる学校がっこうもあるそうです。

 東京都とうきょうと港区教育委員会みなとくきょういくいいんかいにもきました。先生せんせい研修けんしゅう指導しどう担当たんとうする指導主事しどうしゅじひとは「先生せんせいによってちがうとえます。100てん強調きょうちょうするために二重線にじゅうせんほか点数てんすうのときは一本線いっぽんせん先生せんせいおおいようにかんじます」とこたえてくれました。

 先生せんせいそれぞれのおもいやくせがテストの点数てんすうかたあらわれているようです。【大熊真里子おおくままりこ


疑問募集ぎもんぼしゅう

 まわりの素朴そぼく疑問ぎもんをおちしています。はがきにいて、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん疑問氷解ぎもんひょうかいがかりへおせください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ 国定額給付金 郵送申請分を含め東部4市支給開始 /山口

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです