メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンティアゴ巡礼道の風景

長い旅路で顔なじみに 美しい村々をお金をかけず歩く人々

どこまでも続くかのような牧草地帯を歩いてゆく

 巡礼の道を歩く人々はその国籍もさまざまだ。「ル・ピュイの道」で一番多いのは、もちろんフランス人。これは自国内なので当然といえば当然。距離的に近いうえに、言葉が通じるというのも大きな理由だろう。

 続いて多いのはドイツ人やイギリス人といった隣国の人々。さらにはアメリカ人やオーストラリア人、遠くはブラジルからの巡礼者も。とくに「ポルトガル人の道」を歩いたときは、数多くのブラジル人に会った。これもやはり母国が同じポルトガル語圏だからであると思われる。もちろんアジア人もいて、日本人のほかには韓国人とも出会った。韓国の場合は、キリスト教徒が多いということも関係しているのかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1701文字)

佐藤徹也

さとう・てつや 1964年東京都出身。高校生時代より山登りに勤しみ、大学に入ってからはアジア、ヨーロッパ、北アフリカなどへの長期旅へ。その後、「山と溪谷社」などいくつかのアウトドア系出版社に勤務ののちに独立。現在はフィールドは限定せず、また期間の長短にかかわらず、「歩く旅」の可能性を模索している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです