メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『上司の「いじり」が許せない』『女性が管理職になったら読む本』

ハラスメント対策には“多様性”の理解が必要だ

◆『上司の「いじり」が許せない』中野円佳・著(講談社現代新書/税別800円)

◆『女性が管理職になったら読む本-「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法』ギンカ・トーゲル/著(日本経済新聞出版社/税別1400円)

 日本でもついに、メディアで働く女性たちの「#MeToo」が始まり、セクハラ報道が止まらない状態に。先日、小島慶子さんたちとシンポジウム「メディアの働き方改革と表現を考える」を開催したが、ここでもやはりセクハラの話題になった。メディアは特にセクハラやパワハラへの意識が低いのだが、それについて放送作家のたむらようこさんは、「性犯罪から弱い者いじめに質が変化している」と指摘した。

「昨今、セクハラの概念が広まってマシにはなってきました。ところが30代の後輩たちは、会議で『ババアは…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです