メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『ふるさとの駄菓子』佐藤敏悦・著

地元で手づくりされた小さな嗜好品の数々

◆『ふるさとの駄菓子 石橋幸作が愛した味とかたち』佐藤敏悦・著(LIXIL出版/税別1800円)

 あらためて、駄菓子とはなんだろう。表紙には「Traditional Hometown Sweets」とある。1970年代生まれの私の、幼時の思い出の中にある駄菓子は、この本でつぶさに紹介されているものとは違う。チープで、小さくて可愛らしくて、でも、決してはなやかではないというところは同じでも、私が学校帰りに小遣いを注(つ)ぎ込んだあのお菓子は、ほとんどが最初からぴっちり包まれた姿でこちらに手渡され、そのパッケージには製造元の住所が記されていた。自分の住む土地からは遠い場所の。そう、「Hometown」のお菓子ではなくて、工場で大量につくられ、文房具と駄菓子を一緒に売る店まで届けられるのだっ…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文916文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 履正社が令和初の夏制す 強力打線が星稜・奥川から5点奪う 甲子園初優勝

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです