メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

「放送文化」再評価の時代へ

 A 民間放送の創成期に制作現場がショックを受けた2人の演出家がいた。吉田直哉(故人)と佐々木昭一郎だ。

 B 2人はいわゆる社会派気取りの単純な演出家ではない。

 A 吉田は、冨田勲のテーマ音楽で始まるドキュメンタリー「日本の素顔」を手がけた。

 B 時代劇、現代劇、ラジオの録音構成などの狭い番組枠から作品を解放した、NHKでもユニークな存在だった。

 A 大河ドラマ「太閤記」の冒頭では、新幹線が疾走するシーンを割り込ませた。放送事故ではと局内を慌て…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです