メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベトナム国立交響楽団

指揮・本名徹次が率い来阪公演 郷愁の音一歩ずつ磨き

 日本とベトナムの外交関係樹立45周年を記念して7月、ベトナム国立交響楽団(越国立響)の来日公演が大阪と東京で開かれる。楽団を率いるのは、タッグを組んで18年目になる音楽監督兼首席指揮者の本名(ほんな)徹次。ベトナムの風土と人々を愛し、演奏レベルの向上に情熱を傾けてきた。

 本名は福島県郡山市出身。1995~2001年に大阪シンフォニカー(現大阪交響楽団)の常任指揮者、98年からは名古屋フィルハーモニー交響楽団の客演常任指揮者を兼務した。00年、名古屋フィルとのツアーで訪れたハノイで、ノスタルジックな街の風景に心をつかまれたという。「仏植民地時代の面影が残る建物の前に屋台が並び、夜になると店先を照らすオレンジ色の裸電球が一面に輝いていた。『アルルの夜景を描いたゴッホの絵のようだ』と見とれました」と振り返る。

 この時の会場になったハノイのオペラハウスの建設年は、本名が敬愛する作曲家のマーラーの死没年と同じ1…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1194文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  3. 熱中症に注意 北海道~西日本各地で35度超す猛暑日予想
  4. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです